完全自動運転車両の技術開発およびその社会実装に向けた研究を実施し、地域・産業界に貢献

完全自動運転

 2020年に限定地域での完全自動運転実用化を目指す

地域限定にすれば技術的・社会的な敷居が低くなる

「あらゆる所」で動作する完全自動運転の実現には、現代の最新技術をもってしても極めて困難です。また、無人で走行できるような完全自動運転は、維持管理の観点や利用者受容性の観点から、「あらゆる所」で一度に導入することは社会的にもハードルが高いと考えます。そこで本センターは、限定された地域専用の自動運転を開発し、実証実験の実績を蓄積することで、2020年を目途に、技術的にも社会的にも自動運転に対応させることを目指します。

  • 自動運転の実証地域を限定して選定
  • 対象とする限定地域の事業者と連携してデータ収集
  • 大学所有車両で自動運転システム開発・検証
  • 事業者に車両を貸し出し、運転支援型運用で、実績蓄積
  • 連携企業と持続可能なビジネスモデルを検討
  • 蓄積した実績を以て、対象地域の完全自動運転の認証獲得へ
  • 類似の地域に同様のプロセスを展開
  • 2020年実現へ・・・

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.