完全自動運転車両の技術開発およびその社会実装に向けた研究を実施し、地域・産業界に貢献

入会をご検討の皆様へ

 皆様との交流・協力の場 ー 協議会および研究会のご案内 ー

入会のご案内

-興味はあるけど、共同研究はまだ・・という方へ-

 群馬大学は平成29年5月に群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会を設置しました。完全自動運転車両システムの社会導入を担う企業や行政の皆様の交流の場を提供します。また、より専門的な議論をする場として3つの研究会を運営します。

完全自動運転が可能にする新しい社会にご関心がある皆様に、広く情報収集や交流の場として、また、共同研究・共同研究講座に向けた検討の場として、ご利用いただければ幸いです。

本会の趣旨を十分にご理解いただき、是非ともご入会のご検討をよろしくお願いいたします。

協議会への入会について

自動運転システムに関連してまだ具体的な計画はないが、社会での自動運転研究開発の動向をウォッチしておきたいとお考えの場合には、是非オープンイノベーション協議会への参加をご検討ください。

年1回、総会を開催

本センターが関係する様々な活動の情報をお知らせします。なお、会員名は原則公表させていただきます。

会費:無料

ご入会は、法人単位でお願いしております。

研究会への入会について

オープンイノベーション協議会よりもさらに深く、専門的な活動をご希望の場合には、研究会への参加をお勧めします。研究会では、それぞれの領域で様々なテーマでの発表とディスカッションが行われるほか、本センターによる個別の技術相談や、連携企業とのマッチングを行います。

3ヶ月毎に研究会を開催(各研究会を1ヶ月ずつずらして開催)

1)要素技術開発研究会
大学や連携団体の次世代モビリティに関する技術に焦点を当てた発表とディスカッションを行う。
2)製造・生産システム研究会
次世代モビリティを軸としたビジネスの展開を実施(あるいは予定)している企業に焦点を当てた発表とディスカッションを行う。
3)社会実装連携研究会
次世代モビリティの社会的なニーズや課題に焦点を当て、自治体や調査会社等の視点から発表とディスカッションを行う。

会費:年額50万円

ご入会は、法人単位でお願いしております。
なお、いずれかの研究会へご入会いただくと、開催する研究会全てに参加可能です。

協議会のご紹介
群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会総会

令和4年度総会(集合開催とオンライン同時開催)

特別講演『Lv4からLv5へ ~完全自動運転への道のり~』
国立情報学研究所助教/TURING株式会社取締役CTO 青木 俊介 様

令和3年度総会(オンライン開催)

特別講演『次世代モビリティの今後の展望 ーCASEとMaaS モビリティ・イノベーション』
東京大学教授 モビリティ・イノベーション連携研究機構長 須田 義大 様

令和2年度総会(オンライン開催)

特別講演『MONET Technologiesが描く近未来のモビリティ社会』
MONET Technologies株式会社 事業推進部 小澤 拓郎 様

平成31年度(令和元年度)総会

特別講演『日本版MaaSの展開に向けて(ユニバーサルなMaaS等新たなモビリティサービス)』
国土交通省総合政策局 公共交通政策部長 城福 健陽 様

平成30年度総会

記念講演『EVシフトとスローモビリティ -環境・エネルギー問題と新しいモビリティ-』
一般社団法人日本EVクラブ 代表理事/自動車評論家 舘内 端 様

 

研究会のご紹介
研究会の活動

準備中です。

 

お申し込み

お申し込みには、申込書の提出が必要です。
以下の内容をご確認いただき、まずは、お問い合わせ先に「協議会・研究会の入会を検討したい」旨をご連絡ください。

群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会設置要項はこちら
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.